読むと着物が着たくなる漫画『爛漫ドレスコードレス』

きもの本感想

ふたりの女性が着物を自由に楽しむ『爛漫ドレスコードレス』は大人の私が読んでも楽しい着物漫画です。着物警察や呉服業界の「いけず」にもめげず、好きな着物コーデを楽しむ姿がかわいらしい。

漫画に出てくるおしゃれな着物コーディネートは、実際に着てみたくなるものばかりです。

『爛漫ドレスコードレス』あらすじ

撫子は店先で珍しいチンアナゴの帯を見つけ、その場で浴衣も購入。花火大会に向けてがんばって着付けてみたものの、いざ出かけるとなれない下駄で足はズルむけ、涼しげに見えて暑い浴衣に心も折れそうになった。

そんな時、優しく声をかけてくれたのが響さんだった。響さんは撫子のチンアナゴ帯と縦枠模様を波に見立てたセンスを褒めてくれ、着崩れを直してくれた。

それがきっかけとなり、ふたりは着物友達になるが、実は響さんの正体は着物好きの「警察」だった…!

ふたりは着物警察や法外な値で売りつける呉服屋など、トラブルに会いながらも、じぶんたちの「かわいい」着物コーデを楽しんでいく。

着物を選ぶ理由?「そんなのかわいいからですよ!」

このセリフにはシビれました。

呉服屋の跡取り誠次郎に「知識無しで着られる洋服があるのに、何故わざわざ和装を選ぶのか」と聞かれ、撫子が答えたセリフです。

そうなんです、そうなんですよ。着物を着る理由ってそんなシンプルな理由なんです。着物世界はルールが厳しいし、着物警察から厳しい追求を受けることもあるのに、なんで着るかって言われたら、そんな苦労をいとわない楽しさがあるから。

和服は「着物」「帯」「小物」というシンプルな構成の中で、色やデザインなど自分好みのコーディネートを見つけて楽しむことができるんです。

それに、洋服はいくらデザインがあっても、サイズが無くて涙をのむこともありますよね。

でも、着物はある程度の誤差なら、着付けでなんとかごまかせますし、響さんのように洋服と合わせたりすればサイズちがいでも色々楽しめるんです。

サイズの小さい着物は、こんな風に中世風に帯の替わりに巻いてもかわいいですしね。

みさまるさんのフリースタイル着物コーデは、普通の着付けや帯結びから洋服との合わせ方や大胆なアレンジまで、着付けの基本とアレンジが学べる本です。

着物ドレスコード「レス」

着物はきっちりと着なければならない。実はそんなルールは戦後になってからです。戦前や大正時代の着物はもっとゆったりと、悪く言えばだらしなく着ていましたから。

 『アンティーク着物万華鏡 』は大正時代の和洋折衷コーデや、帯板なしのゆったり着付けが紹介されています。

私は、冠婚葬祭など公式な場所ではきちんとルールを守るべきだけど、ふだんのお出かけなら自由に楽しんでいいのでは、と考えています。『爛漫ドレスコードレス』は、そんなふだん着物の楽しみ方を教えてくれる漫画でした。

主人公のふたりには、今後もいろいろな困難(着物警察とか)が待ち構えているのかもしれません。でもこれからも「ドレスコードレス」を楽しんでいってほしい。と、着物おばさんは思うのでした。