漫画『チマちゃんの和箪笥』佐野未央子

きもの本感想

『チマちゃんの和箪笥』は、着物がストーリーの中に織り込まれている本格的な着物まんがです。

着物初心者の主人公が着物に目覚め、自分のお店「千麻や」を開きます。お店のお客さんや、大学時代のあこがれの先輩とのエピソードが着物とともに語られます。

絵もかわいくて丁寧ですし、作者の佐野未央子さんが実際に着物を着る方なので、着物の描写が自然でとてもきれいなんです。

着物を扱ったマンガというと、作者の着物体験を描いたエッセイ漫画が多いのですが、ストーリーで魅せるのが『チマちゃんの和箪笥』の特徴です。

『チマちゃんの和箪笥』あらすじ

大学生の朝子は、風変わりな「和ノ道倶楽部」という着物サークルに興味を持ち入部を決める。「和ノ道倶楽部」には和風美人の部長と、上品に着物を着こなす男性・光本先輩がいた。朝子は風がわりな部長から「まずは浴衣で過ごしてみて」と突き放されてしまう。

朝子は見よう見まねで浴衣で生活をしはじめてみる。すると、着物が実はいろいろな用途で使え、日本人の生活にあっている衣服だということを実感する。着道楽のおばあちゃんから最初の着物(浴衣)と和箪笥を贈られて、ますます着物の魅力にとりつかれ、「ちゃんと着物が着たい」と思うように。

そんな朝子に、部長は「チマ」という名前を与える。これは朝子の中にいる、和の道に導いてくれる「和の童(わらし)」の名前なのだと…。

着物の魅力に目覚めた朝子(チマ)は、大学を卒業後、祖母の住む東北の城下町で、きもの屋「千麻や」をオープンすることに。

季節の着物の楽しみと、お客さんとのエピソード

1話目は、朝子ことチマちゃんが着物の世界に目覚めていくまでで、その後は「千麻や」を訪れる様々なお客さんと、彼女たちにまつわる着物のお話です。

「千麻や」ではただ着物を売るだけではありません。着付けがなかなか上達しない女性に、人形をつかって楽しみながら着付けを教えたり、デートに着ていく浴衣をコーディネートとしたりと、着物にまつわる女性の悩みも解決していきます。

また、物語に登場するおばあちゃんたちがかっこいい。おっとりしつつも審美眼にすぐれたチマのおばあちゃんや、毒舌だけどもすっきりさっぱりした世話焼きのおばあちゃんなど、人生の先輩たちの生き様が魅力的なのです。

さて、かんじんのチマちゃん本人の恋はというと…

あこがれの先輩との再会

ある日、チマはおばあちゃんを助けてくれた縁で「和ノ道倶楽部」の憧れの人だった、光本先輩に再会します。実は光本先輩、大企業の御曹司で、仕事のため、ときどきチマのいる街を訪れているのですが、いきなりチマにプロポーズ!

いったいどうして…?先輩と部長はお似合いのカップルだと思っていたのに…

実はその後、いろいろなことが判明するわけなのですが、チマちゃん、幸せになってほしいです。

着物だけでなく、恋愛ストーリーなども散りばめられ、読んでいるとわくわく、ほっこりするお話です。物語は春から夏なので、秋から冬の着物と、チマちゃんの物語が読んでみたいです。ぜひ、続編を…

『 鬼宿の庭 』

同じく佐野未央子さんの作品『鬼宿の庭』では絵師の青年と人外の姫との恋がえがかれます。たまゆら姫のおひきずりのお着物が美しいです。こちらもおすすめ。