浴衣に便利!たかはしきもの工房「うそつき衿」

着物いろいろ雑記

うそつき衿とは字の通り、衿と衣紋抜きがセットになったものです。そのため、襦袢なしで着物が着れるすぐれもののアイテムなんです。襦袢を省略することで、夏の着付けが楽になります。

「うそつき衿」半襟なしバージョン

今回、私はたかはし着物工房さんの「うそつき衿(半襟無し)」を購入しました。

気仙沼の「たかはしきもの工房」は、着付けに便利なインナーや小物類などを取りあつかうお店です。一般の着物ユーザーから着付師さんなどの着物のプロまで、幅広い人気を誇ります。

浴衣にも便利な「うそつき衿」は、Tシャツや浴衣インナーの上からつけることで、浴衣がぐっと大人っぽくなります。

また、うそつき衿をつければ、普通に浴衣を着るよりもすずしい着付けになります。普通の浴衣は衿をぬかないので案外暑いですから…

ほかにも、半襟をいろいろなデザインでアレンジすれば、着こなしのバリエーションも増えます。

半襟のバリエーション

さらに、このうそつき衿のパッケージ箱、棚に置くと本のように並べられるデザインがすてきなんです。

「うそつき衿」の使い方

うそつき衿・箱
うそつき衿(箱入)

今回、私が購入したのは半襟がついていないバージョンなので、あとから自分で半襟をつけました。そのためすきな半襟をつけることができます。

うそつき衿に絽の半襟

うそつき衿に絽の半襟を縫い付ける

うそつき衿

うそつき衿と「満点スリップ」をあわせたところ

たかはしきもの工房さんの「満点スリップ」なら、それだけで襦袢代わりになるので、浴衣だけでなく夏の着物にも応用できます。

たかはしさんの小物は、着付けの仕上がりがぐっとよくなるのです。