「襦袢なしでもOK」「普段着にプラス」「帯代わりのベルト」フリースタイル着物コーデBOOK

きもの本感想

これまで、大正・昭和の和洋折衷ファッション本や、着物研究家シーラ・クリフ先生のスタイルブックなど、「自由な着物スタイル本」をワクワクしながら読んできました。

そして今回、みさまるさんの『フリースタイル着物コーデBOOK』は更に進んだ、令和時代の新しい着物ファッションブックともいえる、着物が着たくなる一冊です。

スタンダードな着物コーデ

フリースタイルというと、着物の基本知識を知らずに、花魁のような着崩す着物コーデをやってしまう人を見かけますが、何も知らずに自由にやってしまうと、単にだらしなくなってしまいますよね。

しかし作者のみさまるさんはまず、きちんとしたスタンダードの着物スタイルを紹介しています。

基本の着付けを紹介することによって、アレンジスタイルとの対比がわかりやすくなっているのです。

着物に限らず、基本をしっかり押さえておかないと、ただの型無しになってしまいますから。

型を会得した人間がするのを「型破り」と言う。そうでなければ、ただの「形無し」なんだ。

十八代目中村勘三郎

中世からパンクまで、様々な着物コーデ

実は着物と洋服って、案外合うんです。

洋装が普及し始めた大正時代は、洋服の小物やアクセサリーをあわせる和洋折衷スタイルが流行し、谷崎潤一郎の奥様・松子さんも、着物にビーズのバッグをあわせています。

昭和に入ると、セーターにスカートの上から羽織をはおるコーディネートなど、昔からこの手のアレンジは盛んに行われていました。

羽織+洋服のかんたんスタイル

カンガと道行

フリースタイル着物コーデBOOKでは、初級編として、洋服に羽織をジャケット代わりに使ったり、ベルトで留めるといった、今のファッションに合わせた着物コーデを紹介しています。

私も、アフリカ布の巻きスカートと道行コートをあわせてみました。案外しっくりいくものです。

着物+浴衣の中世風スタイル

帯を使わず、腰紐やベルトの上から布を巻くのが中世風スタイル。布はスカート、オーガンジーなどなんでもOK。浴衣を折って巻きつけてもかわいいですね。

私がこのスタイルがいいな、と思ったのは、サイズが合わなかったり、汚れがあって普通に着ることができない浴衣や着物が再利用できることです。アイデア次第でいろいろな着こなしができそうで楽しみ♪

大胆アレンジ・パンクゴシックスタイル

こちらは少し上級編です。黒い着物にベルトやコルセット、レースを大胆にあわせます。また、着物を思い切って短くリメイクし、ショートパンツやブーツと合わせたり。

こちらもアレンジは無限。コスプレ好きな人にもおすすめです。

まとめ

読んでみて改めて「着物って自由なんだ」と感じました。そして、みさまるさんがとても着物を愛していることが伝わる本でした。

今、着物は衰退の一途をたどっています。にも関わらず、頭の固い一部の着物警察たちや、詐欺まがいに高い着物を売りつける呉服屋など、問題は山積みです。

ですが、一方で、みさまるさんのような若い人が、因習にとらわれずに新しい着物スタイルを提案してくれていることは、着物を着るものとして本当にうれしいです。

着物警察にまけず、これからも新しい着物スタイルを紹介していってくださいね。微力ながら応援しています。