着物と防災について、私なりに考えたこと。

着物でおでかけ

地震や土砂災害で被災された方々にお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧と日常生活が戻りますように。

さて、今回は着物と防災について書きたいと思います。地震大国ニッポンはいつ何時、地震がおこるかわかりません。地震以外も洪水や地すべりなど、不安はつきません。
着物はどうやっても、洋服よりも動きづらいのが難点です。特に草履や下駄は、よほど慣れていないと走ることもできないし、袖をひっかけて転ぶ可能性だってある。

でも、着物でお出かけはしたい…。そこで、私なりに考えた着物での防災について書きました。

着物で防災(足元編)

着物で地震や災害にあった場合、いちばん困るのが足元だと思います。よほど慣れている人でないと草履や下駄では走れないし、着物用の履物はそもそも早く走れるようにはできていない。

時代劇でも、逃げる時に草履を脱いで懐にしまって裸足で走り出すというシーンをよくみかけますから。

じゃあ、どうするかというと…

「ぺたこさん」こと石橋富士子さんが、『知識ゼロからの着物と遊ぶ』という本の中で、着物で東日本大震災にあわれたときの様子を伝えてくれています。

ぺたこさんが着物で被災されたとき、まず、たすき掛けをし、スニーカーのような歩ける靴を用意して履き替え、なんとか帰宅されたそうです。

この本を読んでから、私は防災用に地下足袋スニーカーを買いました。着物でちょっと遠出するときや、土地勘のない場所へ行くときは、軽めの地下足袋スニーカーと靴下をバッグにいれておきます。

地下足袋スニーカー
sou・souの地下足袋スニーカー

こうした携帯用のスニーカーと足袋靴下は、草履で歩き疲れたときも便利です。(重くなりますが…)

着物で防災(着物編)

着物で災害にあったときの難点は、「袖」と「帯」だと思います。着物の構造上、洋服の袖とは違って幅広のため、災害の時に焦っていると引っ掛けやすい。帯も崩れそうですよね。

帯の固定

帯の固定については、昔、大河ドラマで明治時代の女性がお太鼓の帯を紐で固定していたのを見て、お太鼓結びの帯にも一本、紐を回して固定しておくのもいいかな、と思います。

たすき掛け

袖はたすき掛けをすれば少し動きやすくなりますので、バッグの中に紐を何本かいれておくと安心です。

簡単なたすき掛けの方法はこちら

裾は尻ぱしょり

着物の裾に関しては、裾をめくり上げて帯に挟む「尻ぱしょり」にすれば、走りやすくなりそうです。まあ、着物警察あたりに「はしたない」と言われそうですが、災害時はそんなことも言ってられませんしね。

まとめ

着物の着付けやファッションについての情報は、世の中にたくさんあるのに「災害時の着物」について触れている人はほとんどいません。

着物初心者の私が考えた「着物と防災」についてなんて、たかがしれていいます。

できれば着物のスペシャリストの方々、雑誌『七緒』やスタジオくぅさんやきくちいまさん、大久保信子先生などに「着物と防災について」の本を書いていただきたいです。

いざという時、着物での対処の仕方がわかっていれば、安心して出かけられると思うので…。