着なくなった着物の処分方法(買取サイト編)

着物いろいろ雑記

みなさん、着なくなった着物の処分ってどうしてます?私は困っています…!
それというのも、着物を始めてからなぜか着物がどんどん増えていくからです。

《着物10》は送料無料・なんでも査定で便利だった…!

なので今回、着物買取の《着物10》という着物の買取サイトに買取をお願いしてみました。実際にやってみると、手続きの速さも、査定額も満足のいくものでした。

※あくまで個人の感想です。

着物が増えていく3つの要因

  1. 親・親戚から譲られる
  2. 着物を買うと、それにあった帯や着物が欲しくなる
  3. 義理で買う・もらう

1.着付けを習うようになると、「もう着ないからぜひ…」と、親や親戚から大量に着物が譲られます。しかし中には好みじゃない・流行遅れ・サイズが合わないなどの理由で着たくても着れないものも…

2.洋服と同じく、着物もデザインに合わせた帯や小物が欲しくなるものです。ネットオークションや骨董市で安く手に入るため、ついつい衝動買いをしてしまいます。

3.着物友達や知り合いのお店が増えると、義理でもらったり、買ったりすることが増えます。

着物の処分、どこに頼む?

洋服の処分なら古着店に売る、チャリティーとして寄付することもできますが、着物の買取店は洋服に比べて少なく、あっても買い叩かれたり、値段がつかずに引き取ってもらえないという場合も。

寄付も、送料や寄付金が別途かかったり、時期によっては着物を受付ていないこともあります。(コロナの時期は特に)

私の希望としては、

  • 送料がかからない
  • 安い着物も引き取ってくれる(というか、安い着物しかない)
  • 値段のつかない着物も、有効活用してくれる

こうした条件でいろいろさがしてみたところ、着物買取の着物10という買取サイトを見つけました。

 着物買取の《着物10》

着物10で着物買取の流れ

私が着物10を選んだのは、以下の理由からです。

  • ホームページから買取の申し込み予約ができる
  • 値段のつかない着物や小物を引き取ってくれる(有効活用してくれる)
  • 送料が無料

着物10では、買取金額がつかない着物や小物は、企業・団体で再利用してくれるので、処分する罪悪感が減るのもうれしい。

さっそく家のダンボールにいらない着物や帯、帯締めなどの小物をいれ、ネット上で手続きを行いました。
今回、家のダンボールを使いましたが、申し込みをすればダンボールやガムテープ、必要書類を送ってくれる宅配セットもあって便利。

着物買取に必要なもの

買取依頼書と、本人確認書類のコピーの送付が必要です。買取依頼書はホームページ上で入力してから印刷すれば手間がかかりません。

迅速な買取手続き

とにかく、手続きの速さに驚きました。

土曜日に引き取り→火曜に査定開始→水曜に査定額決定!
私が査定金額を承認後、1営業日で振り込みも完了し、引き取りから振り込みまで1週間以内ですんでしまいました。

これまで本や洋服などで買取サイトを利用してきましたが、ここまで早くて丁寧だったのは初めてかも。

いらない着物処分
着物10に着物を送る

安い着物の引取りも可能

私が今回、着物10さんに引き取ってもらったのは、

  • バーゲンで買った帯揚げと帯締め(全部で3~5千円程度)
  • 3万円相当の帯
  • 親戚からもらったり、リサイクルショップで買った古い着物数点

でした。これでだいたい買取価格は2~3千円くらいだったと思います。

私の着物は、ほとんどがリサイクルショップで買った安いものです。なので、これまではなかなか引き取ってもらえませんでした。しかし、着物10では、たとえ少額でも買取金額がでるし、値段のつかない着物も引き取ってくれました。

また、価値がつかない着物は、和雑貨やハギレに再利用されるというのもうれしいポイントでした。

安い着物を引き取ってもらうには、こうした着物買取サイトは便利だと思います。(あくまで個人の感想です)

「着物10」は着物雑誌・七緒にも紹介されています。

まとめ

私のようにリサイクルショップなどで衝動買いした着物、親戚からもらう古い着物など、価値はないけど捨てるのにはおしい…という着物の処分には着物10はぴったりでした。

着物10のメリット

  • 捨てられなかった安い着物、値段のつかないものも引き取ってくれる
  • 少額でも買取金額が入る
  • 送料無料で、ダンボールやガムテープ、必要書類を送ってくれる宅配セットあり
  • 査定から振り込みまでが早い
  • 着物を再利用してくれる